FC2ブログ

砂 上 の 楼 閣 BLOG

サークル活動及び通販の案内をしております。

【冬コミ】新刊 だるまさんがころんだ

2016.12.25 (Sun)
だるまさんがころんだ

だるまさんがころんだ 新書 68ページ 500円

web「逢魔が時」のリメイク品になります。
麻衣と友人達による放課後の巻き込まれ型事件物。へと変更しています。

サンプルは話が短いので文頭のみとさせていただいています。
元ネタはサイトに掲載していますので、そちらをご参考いただけたら。




「だるまさんがこぉろんだ」




 楽しげな声が茜色から深い藍色へと移り変わってゆく世界に響く。
 陽気な時間帯から静寂に包まれる時間。
 陽が西に傾くにつれ、遊んでいた子供達は何かに誘(いざな)われるように家路につく。
 皆が家路につく時間。


 誰そ彼。


 黄昏の語源とも言われている言葉。
 夕暮れの人の顔の識別がつかない暗さになると誰かれとなく、「そこにいるのは誰ですか」「誰そ彼(誰ですかあなたは)」とたずねる頃合いという意味から来ている。
 辺りは夕闇に包まれはじめ、ほのかな街頭が頼りなく道路を照らさなければ、闇に溶け込んでしまう時間が始まる。

「だるまさんが~ころんだ」

 静まりかえった世界に、不釣り合いなほど陽気な声が響く。
 舌っ足らずな愛らしい声。
 思わず笑みを浮かべてしまいそうなほど愛らしい。


 だけれど、けして足を止めてはならない。
関連記事

コメント


管理者のみに表示